高校生向けの身長を伸ばすサプリランキング

身長 伸ばす サプリ 高校生

 

高校生が身長を伸ばす秘訣はアルギニン!

 

成長ホルモンの分泌を促すことで身長を伸ばすことが出来るとされているアルギニン配合の身長サプリメントがありますが、実際にアルギニンだけを摂取しても身長を伸ばすということはできません。広告には大々的に身長を伸ばすという記載がありますので驚いている保護者も多いはずです。
どうしてそれだけでは身長が伸びないのかという理由についても説明します。

 

アルギニン含有の身長サプリメントの広告が見たことがあるならいかにも背が伸びるという記載がありますが、メーカとしては成長ホルモンの分泌促進作用があることで身長を伸ばすとしています。アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるというのは事実であり医療機関でも着目されています。
低身長の原因を医療機関で調べる検査にはアルギニンが登場するくらいです。

 

ですが、アルギニンによって成長ホルモンを分泌されても身長が伸びるという根拠はありません。サプリメントによってアルギニンの配合量も違いますので絶対に伸びるということはないということになります。
証明されているのは成長ホルモンの分泌を薬でう案がしても子供の身長に変化がないとされています。

 

確かに身長が伸びるという謳い文句があれば試してみたいという気持ちが出てくるとは思いますが、日本の専門的な研究機関でも発育や成長に関する効果を否定しています。試してみてもいいですが、身長が伸びてもそれはただの成長である可能性が高いでしょう。

 

身長を伸ばす食事のポイント

 

身長を伸ばすためには、食事が大切なことは言うまでもありません。背を伸ばすためのポイントをしっかり絞り込むことで、効率よく食事を準備することができるようになります。

 

身長を伸ばすためには、骨を伸ばすような食材を多くメニューに取り込むことが大事です。骨というとカルシウムが思い浮かびますが、カルシウムは骨を強くするものではありますが、骨を大きくするものではありません。必要なのはタンパク質です。

 

タンパク質を多く含むお肉などは、タンパク源としてとても有効なのですが、一方でカロリーが気になるところです。最近は若いうちから肥満体型の人が多く、糖尿病やメタボなどの予備軍も多いと言います。できる限り、高タンパク低カロリーをめざしましょう。

 

そのために有効な食品が大豆です。大豆は納豆や豆腐など多くの大豆食品で摂取することができますから、積極的に利用しましょう。

 

乳製品は、高タンパクですが、脂質も多いので摂取過剰にならないように注意しましょう。卵はコレステロールが心配という声もありますが、コレステロールの摂取量は悪玉コレステロールの増加と直接的な関係はないと言われているので、卵は大丈夫です。

 

また、しっかり栄養を吸収できるように腸内環境づくりに注意しましょう。特に食物繊維をしっかり摂取することや、酵素を摂取できるように発酵食品もメニューに入れていきましょう。漬け物やキムチなどがあるだけでも消化の具合が変わってきます。

 

高タンパクメニューでカロリーを抑えるためには、できるだけ炭水化物は絞り込むことが大事。運動量にもよりますが、おかずを多くしてごはんが少し減らせるくらいがちょうどいいのです。

 

身長を伸ばすツボ

 

身長を伸ばしたいのであれば栄養と睡眠と運動が重要になります。しかしそれら以外にも身長を伸ばすことをサポートしてくれる方法があるのですが、その一つが足裏のツボです。
このツボは身長を伸ばすというよりは成長ホルモンの分泌を促進するツボになります。指の腹で刺激することで身長を伸ばす可能性が高くなります。

 

このツボですが、まずは親指部分になる脳下垂体のツボです。ここを指圧することで脳下垂体の働きを活発にさせて成長ホルモンを分泌しやすくします。さらに成長ホルモンだけではなく脳の疲れを癒したり、気分を安定させる作用のあるオキシトシンというホルモンの分泌も促進させます。

 

次に親指したの膨らんでいる部位にある甲状腺ホルモンの分泌に関係するツボですが、甲状腺ホルモンは成長ホルモン、性ホルモンと同じように骨の成長に深く関わるホルモンで刺激することで身長を高くすることに関わる可能性が高いです。

 

最後が右足の土踏まずから外側にあるツボですが、ここは肝臓の働きを促進させるツボでありタンパク質などの代謝にも役立ちます。
ちなみにこれらのツボの押し方ですが、5分くらいかけて足の裏全体を軽く揉み解してください。痛気持ちいいくらいの強さで押すことが一番効果的です。

 

またゴールデンタイムにしっかりと睡眠すること、また空腹の時間を作ることによって成長ホルモンの分泌はより促進されますので意識して生活をするということが重要です。

 

太陽光を浴びると身長が伸びる?

 

私たち人間の体は、太陽の自然な光に当たっていた方が成長が促進されるだろうと言われています。
これは、光そのものが人の成長に効果をもたらすというのではなくて、家の中にいては当たる事のできない自然光が体内時計を調整してくれて、生活リズムを改善し、成長のゴールデンタイムとなっている睡眠時間の質をよくしていくことができるからなのです。
身長を伸ばすことができるはっきりとした時間帯は夜、睡眠時間中といわれています。
この質をどれほど高めていけるかということが重要となってきます。
そのためには、夜になると自然に眠気がくるような状態であることが理想とされています。
無理やり寝ようとしても、眠りが浅いようでは成長ホルモンの分泌が少なくなってしまうからです。
夜に自然に眠くなるようにするためには、1日の内で少なくとも10分ほどは太陽の光を浴びていた方がよいとされています。
これだけの時間であっても、人間の体というのはその光を感受して、元々25時間制の体内時計のリズムを24時間制に修正するとされています。
できることならば、朝起きて朝日を浴びる、そして昼頃にも軽く日向ぼっこ、こんなふうに日光浴をすることが望まれます。
そうすることによって、夜になると自然に眠れるようになります。
浅い眠り時に比べると、ドバっと成長ホルモンを出していくことができるでしょう。
早く寝る、とにかくそれだけで伸びる確率は上がるのです。
よくいいますが、早く寝ようとすればするほどなかなか寝付けない、そんな人がたくさんいるようです。
これはもう、パソコンや携帯、スマホ、TV等によって脳が刺激を受けていることと、夜更かしの癖がついてしまっているのが原因なのです。
大人になってしまうと、多くの方が仕事の延長で寝る直前までPCでやってしまう方が多いようですね。
そのせいで、寝付きが悪くなってしまうことがあります。

目が冴えてくると、本当に眠れなくなってしまいます。
やはり、しっかり眠ることができると疲れがかなりとれます。
疲れが取れるということは、成長ホルモンがしっかり出ている証拠なのです。

 

しっかり睡眠をとると身長が伸びやすい?

 

昔から、「寝る子は育つ」、なんて言いますよね。
迷信のように思えますが、実は本当のことなのです。
近頃、子供の睡眠時間が減少していることが問題視されてきて、睡眠不足が身長に与えてしまう悪影響について言及する専門家というのも増えています。
睡眠が成長に対してどのような影響をもたらすのかについて、詳しくみていきたいと思います。
質の良い睡眠というのは、子供の心身の成長にとっては欠かすことのできないものです。
背の伸びに対しても多大な影響を及ぼします。
ところが、近頃はテレビやゲーム、塾や習い事、就寝時間の遅い親に合わせているような生活等のおかげで、子供の睡眠時間というのはどんどん短くなっていく一方なのです。
こういったことが、子供の成長に対してどういった影響をもたらしているのか、睡眠と成長の関係についてみていきたいと思います。
子供の睡眠時間の実態がどんなものかということについて、次のようなデータが発表されています。
夜の10時以降に寝ている幼児の割合というのは、3歳児であれば31%、4歳児であれば26%、5歳児であれば25%にのぼります。
・小学生の睡眠時間は、1970年が9時間23分だったのに対し、2000年には40分も短縮し、8時間43分に。(文部科学省「データから見る日本の教育2006」より)
小学校高学年から中学性(10〜14歳)の2011年の平均睡眠時間というのは8時間35分となります。
それから、平日の平均就寝時刻は22時24分、平均起床時刻は6時38分です。
現代の日本に生きている私たちにとっては、特に問題にならないと思えるような数値なのですが、諸外国の子供と比べたら実は驚くほど短いとされています。
例えば、22時以降に寝ている0〜4歳児の割合というのは、日本が47%に対し、イギリスであれば25%、フランスやドイツは16%となります。
中学生の平均睡眠時間の比較においては、日本に比べるとアメリカがおよそ30分、ヨーロッパ諸国が1時間30分以上(特にスイスは約2時間30分)も長いと報告されているのです。

 

身長はいつまで伸びる?

 

大人になってもまだ身長が低いままだと、ちょっと心配になりますよね。
中学生や高校の頃にそういった心配を抱えている人が増えています。
近頃の中学生や高校生たちは、平均身長伸びる傾向にあるのですが、生活リズムが崩れてしまう影響によって背が伸びない場合もあります。
身長が低いままだと、大人になってからも背が低いことがコンプレックスになってしまったり、なかなか合う洋服がみつからないといった悩みを抱えることになります。
特に成長期において一番成長するという時期に、食事の栄養が不十分であったり、睡眠不足等によって、背が伸びない習慣の人たちが増えてきているのです。
10代の頃は成長ホルモンが最も多く出ている時期であり、骨全体が伸びることによって身長が伸びていきます。
大人になってからは、骨自体が伸びることはなくなってしまうので、10代であるうちに背を伸ばしておかなければ10代後半の背の高さがほぼ大人の身長になってしまうのです。
ですから、中学生や高校生の時期に背が低いのであれば、正しい背が伸びる方法で努力をしておくことが必要なのです。
中学生や高校生が背を伸ばすための方法、そしてどんな食事や運動をしていったらよいのかについて考えてみたいと思います。
よく背が伸びていく時期というのは、男子であれば12歳〜17歳、女子であれば10歳〜14歳とされています。
平均的にいうと、最も背が伸びる年齢は、男子は13歳前後、女子は12歳前後となります。
体質によって多少の差はあるのですが、10代後半の背の高さが大人の身長にほぼ等しくなってきます。
男女で成長に差ができてしまうのは、成長ホルモンの出る時期が女性のほうが早いためなのです。
成長ホルモンは、男女共に10代の半ば頃で分泌のピークを迎えます。
ですが、10代後半にかけて徐々に身長の伸び率が悪くなっていくのです。

 

筋肉をつけすぎると身長が伸びない?

 

小学校の高学年くらいから中学生くらいの時期、ちょうど思春期と言われている時期に、クラブ活動等で筋肉を付け過ぎてしまったために骨が成長を妨げられてしまい、身長が伸びなくなるといった説が昔からあることはみなさんご存知でしょうか。
実際のところ、筋肉が増えてしまうことにより身長が伸び無くることを示しているデータというのは今のところは無いようです。
筋トレをしたとしても、筋肉量が増えたとしても、身長が伸びなくなるといったデータは全く存在しないのに、いったいどうしてこのような説が末永く言い伝えられてきているのでしょうか?
たぶんその理由は、「骨の成長にとって重要な関節に過剰な負荷をかけてはいけない」といった表現が間違って解釈されたのだろうと思います。
通常、関節に負担がかかるようなものと言ったら、比較的ハードなトレーニングが多いために、「負担をかけてはいけない」 ⇒ 「過剰な筋トレはダメ」 ⇒ 「筋肉を付けてはいけない」といったように意味合いが変わってきてしまったのだと思われます。
身長が伸びるためには骨が伸びる必要があります。
でも、骨というのは全体が伸びるわけではなくて、関節に近い部分にある骨端線(こったんせん)と呼ばれる比較的柔らかい部分が伸びていくのです。
骨が伸びる力いうのは大変強いため、筋肉で抑えている程度では止めることは不可能です。
重り等を持たず、自分の体重を支えるくらいの負荷の筋トレであれば、骨に負担がかかってしまうどころか、むしろ運動により成長ホルモンが分泌されていくので、身長にとっては良いことのはずなのです。
でも、昔の部活動等で用いられていたうさぎ飛びなどのように、筋肉を鍛えていくことよっても関節に負担を与えてしまうような運動は、身長を伸びにくくさせてしまう可能性があるようなのです。
これは、伸びるべき骨端線に負担をかけ過ぎるてしまうために、骨が固くなってしまい伸びにくくなるらしいのです。
要するに、筋トレで伸びなくなってしまうのではなく、関節に不自然な負担をかけ過ぎるといったことが良くないわけなのです。